治療について


医療機関で色々な症状を訴えて検査を受けても
異常がないと言われたことはありませんか ?

貴方は多くの情報にどう接すればよいのか迷っていませんか?

痛み・こり・疲労といった症状は、臨床検査データには出難いので、
病症を特定することはとても難しいのです。

これらは不定愁訴といわれ、自律神経の乱れによる事が多く、
色々な症状を起こします。


主な治療へのアプローチ


1.症状

1. ストレス疲労  

眼精疲労・頭痛片頭痛肩こり腰痛など

心的要因や肉体的要因による自律神経失調症でお悩みの方  
2. 婦人科疾患

 不妊生理痛生理不順・片頭痛、 でお悩みの方
3. 痛み

慢性の疲労や痛み、癌性疼痛などでお悩みの方

4.脳ストレス疲労

後頚部の血行不全で起こる症状

覚障害嗅覚障害眼精疲労めいめま・耳鳴り顔面神経麻痺顔面ケイレン片頭痛など
5.その他

難聴・前立腺肥大・便秘・慢性病や不定愁訴でお悩みの方

 

◆TOPの画像を参照してください。◆click

2.検査(アセスメント)

1.除外検査(医療相談)click☝

(西洋医学的に隠れた疾患が考えられる場合、医療機関を紹介します。)

2.漢方相談
3.超音波検査(エコー)

(体表部検査)・腹部超音波・心臓・甲状腺検査は相談に応じます。
4.サーモグラフィー、皮膚温計

5.自律神経検査
心拍動数による検査
良導絡自律神経測定

(経絡を皮膚電気抵抗として捉えた測定法)
6.心理テスト

 (香りや光(色)を使った心理テスト)
7.節可動域測定

 (関節の可動域を調べる)

8.空感知覚測定

 (西洋医学的概念とは別の角度から捉える、

  心と身体と空間へのアプローチ)

9.その他

マイナスイオン測定器、電磁波測定器、量子共鳴磁気測定装置、毛細血管スコープ顕微鏡血流B-scan、マイクロスコープ(皮膚)、保湿計など

 

ご相談ください。

 

3.治療

A) 鍼(はり)治療     ⇒ (良導絡自律神経調整法・直流パルス鍼・鍼灸デトックス治療)
B) 徒手治療      ⇒ (筋反射療法・関節可動域調整)
C) 還元電子治療☝ ⇒ (酸化予防・自律神経調整)

D) 交流磁気治療☝    ⇒ (血行改善)

E) アロマテラピー ⇒ (芳香心理相談)
F)  (空間知覚治療)Space perception therapy ⇒ バイオフィールド治療

 (マイナスイオンやエネルギー(光と香り、色と音)など加えた治療法)

4.保険

自費治療が中心ですが、症状により保険が使えます。

整骨(捻挫・打撲・肉離れなど)は保険が使えます。
 鍼治療やマッサージ治療は、医師の同意書があれば保険が使えます。
柏市はりきゅう補助券、松戸市はりきゅう補助券、我孫子市の補助券が使えます。
症状により医療機関に紹介いたします。


5.治療機器


◆還元電子治療  ◆交流磁気治療器 ◆ウォーターベット ◆超音波治療器 ◆電子温灸器 ◆レーザー ◆ホットリズミー等

それぞれの患者さんの症状に合った治療法を相談していきます。

超音波治療器

電気温灸器

レーザー治療器

 

当院は、医師を中心に、

歯科医師、 薬剤師、看護師、臨床検査技師、管理栄養士などの西洋医学的スタッフ
鍼灸師、柔道整復師などの東洋医学的スタッフ
介護福祉士、精神保健福祉士などの福祉スタッフ
アロマテラピストなどの民間資格を有するスタッフが、
連携し協力し合う新しい形のチーム医療をめざしています。

 

それぞれの専門のスタッフが相談に応じます。