自律神経失調症


 医療機関で色々な症状を訴えて検査を受けても、

異常がないと言われたことはありませんか?

貴方は多くの情報にどう接すればよいのか迷っていませんか?

痛み・こり・疲労といった症状は臨床検査データーでは正常範囲内のため、

病症を特定することはとても難しいのです。

これらは不定愁訴といわれ、

自律神経の乱れによる事が多く、色々な症状を起こします。


【自律神経失調症の原因】

 1.身体的要因(からだのトラブル)

 2.心的要因(こころのトラブル)

 3.環境要因、その他


【自律神経を調べるには】

1.身体的要因(体のトラブル)を調べるには?

交感神経の興奮度を調べるには皮膚電気抵抗を測定する

良導絡自律神経測定法があります

2.心的要因(心のトラブル)を調べるには?

心理テストにアロマテラピーを加えた芳香心理相談

(香りを使った心理テスト)があります

3.東洋医学で調べるには?

 東洋医学ではからだのトラブルは

気と水と血のバランスの乱れが原因と考えます

(1)血水のバランス

これらは、お腹や舌に表れるのでここを見ていきます

これを腹診(ふくしん)、舌診(ぜっしん)といいます

(2)気のひずみ

身体周囲と身体内に現れます。

これを気診(医療気功)で調べることが出来ます。


【治療法】

 

1.身体的要因の治療法還元電子治療

 マイナスイオンを使った細胞内診療があります

良導絡自律神経調整法

 皮膚電気抵抗を使ったマイナス電気鍼治療があります

 

2.心的要因の治療法

 

 

 

 

 

 

 

 

芳香心理相談

香り(アロマ)を使った心理カウンセリングがあります

 

 

 

 

 

 

 

 

3.東洋医学的治療法

身体周囲や身体内の要因を取り除くことをデトックスといいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(1)身体周囲のデトックス

  アロマミストによる負のエネルギーの除去があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2)身体内のデトックス

  鍼灸で負のエネルギーを除去する、

 AP-Detox Therapy『鍼灸デトックス治療』があります